アクセス
無痛治療・虫歯治療・マイクロスコープ
~ 無痛治療について ~
歯科用CT半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、
患者の皆さまが、歯科治療に抵抗を感じないよう「痛くない治療=無痛治療」に取り組んでおります。

患者さんは必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。
私自身幼い頃から歯科医院に行くことが嫌でした。

だからこそ、少しでも不安を解消できるように、
痛みの部分を少しでも無くせるように、以下のような取り組みを行っております。

無痛治療をご希望の方は、是非、下記の内容をご確認下さい。
歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用

歯科用CT麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。

そこで、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。
電動注射器
歯科用CT 麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器を利用すれば、一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。

半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、オーラスターという歯科用電動麻酔注射器を採用しております。

33Gの麻酔針
歯科用CT

麻酔注射の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使うことも重要のため、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは販売されているものの中で、1番細い細い針である「33G」の針を使用しています。

一般的に使用されている30G、31Gよりも細い針をです。
カートリッジウォーマー(歯科用局所麻酔剤用の保温機)
歯科用CT 麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。
麻酔液を体温近くに温めることで疼痛の緩和になります。

半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、痛みが少ないとされる人肌にまで麻酔液を温めるためにこの機器を使い、体内に入れる際の刺激を軽減します。

笑気吸入鎮静法の導入
歯科用CT 痛みは歯科治療に対しての恐怖心が招くことが多々あります。

そこで、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは恐怖心が強い方に笑気吸入鎮静法を実施しております。

無痛治療をご希望の方は、是非、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックにご来院下さい。
患者様にとって、極力痛くない治療にて対応させて頂きます。

虫歯治療・無痛治療・マイクロスコープ・歯内療法は半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯内療法対応の半田市の歯科医院

~ 虫歯治療について ~
歯科用CT歯科医院(歯医者)に、ご来院される理由の大きな一つが「虫歯になったから」だと思います。
では、「なぜ、虫歯ができるのでしょうか?」

虫歯とは、口腔内でミュータンス菌が作り出した酸により歯が溶かされ、穴があいてしまう病気のことで、感染症の一つとされています。初期段階では痛みを感じない為、自覚症状がないまま進行してしまうのが特徴です。

一度虫歯になると自然には治らず、放っておくとどんどん悪化し、歯を多く削ることになってしまいます。
虫歯が大きくなると歯の神経を取らなければならなくなることや、場合によっては歯を抜かなければならなくなることもあります。早めに治療すれば、削る部分が少なくてすみます。
どのような病気も早期に発見し治療することが良い結果につながります。

面倒がらずに、初期のうちに診察を受けましょう。

歯をできるだけ残すためにも早めに治療にお越し下さい。
治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで、虫歯の再発を最大限減らすことが出来ます。
「歯医者はなんとなく怖い 」
「虫歯は進行しているのはわかっているけど、痛くないのでほったらかしにしている」
「痛い治療が嫌だ」
と思われている方はまだまだ多いのが現実です。

歯科用CT怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか分からないと言った不安要素が大半のようです。半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは痛くない治療(無痛治療)を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただく為に治療についてのご説明をきちんと行います。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。

本ページ上部でもお伝えしておりますが、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、患者様が安心して治療をお受け頂けるように無痛治療(痛くない治療)への取り組みに力を入れておりますので、安心してご来院下さい。

虫歯治療・無痛治療・マイクロスコープ・歯内療法は半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯内療法対応の半田市の歯科医院

~ マイクロスコープと用いた治療と歯内療法について ~
歯の根を治療する必要性が出てくる理由として下記の内容が挙げられます。
「薬の充填が根の先端まで充分に行き届いていない」→「隙間に細菌が進入」→「抵抗力が落ちると炎症が起こる」
なぜ、バイ菌や細菌が溜まるのかというと、歯の中には神経があり虫歯が神経に到達していた場合、神経を取り除き、その後お薬が先端まで入っていないとその隙間にバイ菌や細菌が溜まっていきます。治療後すぐには、抵抗力で抑えているので、痛みなどは現れないことが多いですが、加齢や病気になることにより抵抗力が落ちてくると段々とこのばい菌や細菌が大きくなり、炎症を起こすことになります。

歯科用CTでは、「なぜ、薬が歯の根っこの先まで詰っていないか?」ということになりますが、歯の根の治療が非常に難しい治療のため、根っこの先まで詰っていないケースが多いためです。

どれほど難しい治療かを説明致しますと、目をつぶって針に糸を通すようなもので、目の見えないところの0.1ミリや0.2ミリのことを追求していかなければならない非常に難しい治療なのです。

根管治療をするにあたって、歯の根の先まで、しっかりと薬を入れれる技術を持ち合わせていなければなりません。

半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、歯の根の先まで薬を入れれる技術を持ち合わせておりますので、歯の根のことについてお悩みの方は、是非、半田市のみなと歯科クリニックへご来院下さい。

また、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、根管治療において、以下のような器材などを用いて診療にあたりますので、安心して治療をお受け頂けます。

マイクロスコープ
歯科用CTマイクロスコープとは、手術後の外科的侵襲の低減や、確実に病変を除去するために用いられる「手術用顕微鏡」のことです。
細かい作業である歯科治療にマイクロスコープを応用することにより、裸眼では確認できない細かな問題点を正確に把握でき、より質の高い歯科治療が可能となります。

歯科診療では、非常に小さな部位を治療します。より微細な治療をするには歯科用顕微鏡を使用することが必要になってきます。Minimum  Intervention(生体に優しい治療)や審美、根管治療など色んな治療で大きな効果を発揮します。

また、歯科用顕微鏡で拡大した画像をモニターに映し出すことができます。
これにより、患者様の口腔内の状態や治療の経過、治療後の様子など、患者様と一緒に情報を共有することができます。

歯科用顕微鏡を駆使した治療は、きっと患者様の期待に満足頂ける治療を提供し、追っては患者様の幸せに協力できるものと確信しております!

マイクロスコープ(顕微鏡)を使用すると、今まで難しかった目で確認しながら神経治療が、患部を10倍~20倍に拡大した中で精密な治療を実施できます。

また、照明で患部を確実に認識できるため、神経治療も確実に進めることが可能となり、歯石除去、虫歯を必要以上に削る事がなくなり、冠や詰め物の微調整も精密に出来ます。

拡大することで自分の歯の切削を最小限にすることができ、一般の治療に比べ精密に治療ができるため、再発しにくく仕上がりもキレイな治療が可能です。

また、マイクロスコープ(顕微鏡)治療を用いたマイクロ外科的歯内治療法により、微小な細菌巣を徹底して除去できます。
今後の歯科治療においても大きな可能性を秘めた新しい分野の治療です。

患者様に安心した治療を受けて頂けるように、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、このマイクロスコープを導入しております。歯の治療は、半田市のみなと歯科クリニックにご来院下さい。 最先端の設備と技術で治療を行います。
ラバーダム
半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、ラバーダムを使った治療を行っております。
ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。

ラバーダムをすることによって、他の歯への影響を防ぎ、唾液などからも濡れないようすることができ、削ったりしたときの歯の破片などが口の中に入り込んで間違って飲み込まないようにもすることができます。

また、根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

ラバーダムは、本来大学でも使用するべきだと教わっているはずなのですが、省略する医院が大多数を占めており、現在日本の歯科医院では、あまり使用されておりません。考えられる理由として、日本の根管治療の保険点数はアメリカの約7分の1と非常に低く、普通に治療を行えばほぼ間違いなく赤字になるためだと思われます。

しかし、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、患者様へしっかりとした治療を提供できるようにラバーダムを使用しておりますので、安心してご来院下さい。
その他
只今準備中です。公開まで、今しばらくお待ちください。

歯科用CT尚、根管治療は先にも述べましたが、非常に難しい治療なのです。
「根管治療は細菌とのたたかいである。」「根管の形が複雑である。」「根管の中が見えない。」
と良く言われます。

その為、根管治療の適切な処置には時間がかかることが往々としてありますので、その点ご理解の上、治療に臨んで頂ければと思います。もちろん疑問などございましたら、来院時にいつでもお気軽にご質問下さい。
しっかりとお答えさせて頂きます。

歯の根の治療でお悩みの方は、是非、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックへご来院下さい。

虫歯治療・無痛治療・マイクロスコープ・歯内療法は半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックへ/虫歯治療・無痛治療・歯内療法対応の半田市の歯科医院

みなと歯科クリニック 診療科目案内 診療科目一覧は、こちらをクリック>>>
  • 無痛治療
  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 歯内療法
  • 矯正歯科・小児矯正歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯・義歯
半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックでは、一般歯科(虫歯治療・歯周病治療・歯内治療・義歯治療、入れ歯)や小児歯科、予防歯科だけでなく、自由診療の矯正歯科、小児矯正歯科やインプラント、審美歯科など、保険診療から自由診療まで幅広く対応しております。 歯のことで、何かお悩み・お困りごとがございましたら、半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニックへご来院下さい。
最先端の設備と治療技術で安全・確実、そして誠実な診療を行わせて頂きます。

半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニック/虫歯治療・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯(義歯)・歯周病治療など対応

みなと歯科クリニック医院情報&アクセス
半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニック医院情報
アクセスマップ
半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニック/虫歯治療・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・入れ歯(義歯)・歯周病治療など対応
半田市 歯科医院(歯医者)診療科目一覧院長紹介&当院の方針院内紹介アクセス治療費のご案内ネット診療予約
矯正歯科小児矯正歯科インプラント歯周病予防歯科審美歯科ホワイトニング入れ歯・義歯虫歯治療無痛治療歯内療法
求人情報歯科医師求人情報歯科衛生士求人情報歯科助手・受付求人情報求人エントリーフォームリンクサイトマップ
半田市の歯科医院(歯医者)みなと歯科クリニック